首リンパについて詳しく解説
首のリンパに痛みや腫れができる症状や原因、そして治療方法についても解説
スポンサードリンク

トップページ >首リンパ腺

首リンパ腺

首リンパ首のリンパ腺は、首の周辺に通っているリンパ管のことです。頭部に広がっている毛細リンパ管は、首の部分で合流しています。

この部分はリンパの重要な経路となっていて、鼻や口からウィルスや細菌が侵入すると、リンパ液によって運ばれていき、首の部分にある複数のリンパ節が炎症を起こし、ウィルスが体内に進入するのを防ぎます。

そのため風邪を引くと喉のあたりにそら豆大の塊が現れます。

病気の呼び方

病気首のリンパ腺は、首周辺に複数広がっているリンパ節の総称としても使われます。首周辺には、複数のリンパ節があるため、それぞれ区別をするのは医者ではない限り難しく、すべてをまとめてそのように呼んでいます。

首のリンパ腺は、歯ぐきの炎症や耳の炎症とも密接な関係があります。歯ぐきにある毛細血管からは、雑菌が侵入しやすいため、雑菌はすぐにリンパに送られていきます。

また中耳炎などが発生すると、そこからも雑菌がリンパに送られ、首リンパ腺に集まっていきます。

体内に細菌などが進入するのを防ぎます

頭部は雑菌が侵入しやすいため、複数のリンパ管が張り巡らされており、その中でも首リンパ腺は体内に細菌などが進入するのを防ぐ重要な役割を果たしています。この部分のリンパが腫れているのは、病原菌などと戦っていることのサインです。