首リンパについて詳しく解説
首のリンパに痛みや腫れができる症状や原因、そして治療方法についても解説
スポンサードリンク

トップページ > 首リンパ場所

首リンパ場所

場所首リンパで特に腫れやすい場所はどこでしょうか。

私たちの全身の中でも、比較的大きなリンパ腺が数多く集まっている場所が、首回りです。
全身を循環し、老廃物を集めたリンパ管が最後に集結する場所でもあり、リンパ腺自体が元々大きくなる傾向にあります。

たくさんの老廃物や病原菌が通過するため、炎症を起こし、腫れたり痛んだりする事が多いのです。

複数のリンパ腺が集まる首リンパの中でも、特に腫れやすい場所は、まず耳の下です。

ここにある耳下リンパ腺は、風邪などの時に特に腫れやすい場所として有名ですね。
強い痛みと熱を伴う事もあり、風邪が治った後もリンパ腺だけが腫れ続けるケースも少なくありません。

鎖骨リンパ腺

鎖骨肩が凝ったり、全身が何となく疲れている時に腫れやすい場所が、鎖骨リンパ腺。
全てのリンパ液が最後に通るリンパ腺で、老廃物が最もたまりやすい場所です。

このため、ここをマッサージする事でリンパの流れ全体を良くする事ができるとも言われています。

顎のラインにある首リンパも、腫れやすい場所としてよく名前が挙がります。
ここは、歯や舌などの口内に炎症がある時によく腫れるようです。

首リンパは、ちょっとしたことでもすぐに腫れる事が多いので、体調不良に気付くサインとして、普段から気にしておくといいかもしれません。