首リンパについて詳しく解説
首のリンパに痛みや腫れができる症状や原因、そして治療方法についても解説
スポンサードリンク

トップページ >首リンパ腫れ痛み発熱

首リンパ腫れ痛み発熱

痛み発熱首のリンパが腫れて痛みや発熱がでる場合は、すべてが密接に関係しています。頭部は口や鼻など病原菌が入り込みやすい器官が備えられているため、毛細血管を通じて侵入した病原菌は、すぐに頭部のリンパ管内に送り込まれていきます。

リンパ液に乗って、病原菌は首周辺のリンパ節に送られます。免疫機構により、病原菌が消滅させられますが、その際に首リンパ腫れ痛み発熱が発生します。

よくある症状

症状よく見られる症状が、風邪やインフルエンザなどの病気です。これらの症状は、首リンパ腫れ痛み発熱の主要な原因因子となっています。インフルエンザの場合、インフルエンザウィルスがリンパによって運ばれていくため、激しい抗原抗体反応が発生します。

特にインフルエンザウィルスは、爆発的に増え広がることから、リンパ節での滞在期間が長く、そのため激しい首のリンパが腫れて痛みや発熱が起こることがわかっています。

歯医者さんに行くことも大事です

首のリンパが腫れて痛みや発熱は、歯科疾患からも起きることがあります。例えば抜歯をした後に病原菌が侵入し、リンパ節に運ばれることで発症を見ることがあります。

また歯槽膿漏などの歯科疾患でも、同様の症状が見られることがあります。歯科疾患で寝こむほどの痛みを感じるのは、こうした理由も含まれています。