首リンパについて詳しく解説
首のリンパに痛みや腫れができる症状や原因、そして治療方法についても解説
スポンサードリンク

トップページ > 首リンパ痛み

首リンパ痛み

痛み首リンパの痛みは、他のリンパ腺に比べて気が付きやすいと言われています。
なぜなのでしょうか。

首のリンパ腺は、多くのリンパ管の集まりからできています。
このリンパ腺には、全身から老廃物を集めたリンパ液が集まってきます。

そのため、リンパ腺自体の大きさが、比較的大きいのが特徴的です。
全身の老廃物のほとんどがここを通るため、何かと腫れやすく、痛みやすいのです。

症状

症状元々が大きい上に痛みやすいのですから、気付きやすいのも当然ですね。

特に子供は、抵抗力がまだ低いため、首リンパが痛みやすいと言われています。

風邪で高熱が出た時などに首リンパを触ってみると、パンパンに腫れて熱を持っていたと言う事も珍しくありません。

感染

感染風邪菌やインフルエンザウィルスなどが、喉や鼻の粘膜から感染しやすい事も、首のリンパ腺の痛みに気が付きやすい理由の一つです。

喉からすぐ近い位置にある首のリンパ腺は、ちょっとした感染症にも過敏に反応します。

免疫反応が痛みとなって、風邪をひいたと気付く人も多いでしょう。

首リンパの痛みがあまりにひどい時は、保冷剤などで冷やしてあげると効果的です。
炎症が悪化して膿が出るのを防ぐ効果もありますので、痛みがひどい時は試してみてはいかがでしょうか。